トルコの経済・財政問題と政策についてのまとめ2019

この記事ではトルコの経済政策や財政策といった事に焦点を当てていきます。

最近はどこでもそうですが政治がうまくいかがマーケットを見る上で特に重要になっています。

トルコはエルドアン大統領が独裁制を強める中で、特に政治動向にマーケットが左右される事が多くなりました。

それが良いか悪いかはさておき、トルコへの投資にあたってどの様な政策が実施されているかを知るのは大切な事です。その参考として頂ければ幸いです。

2019年10月

シリアへの軍事行動が経済政策に支障をきたす可能性

トルコの対シリアへの軍事行動が、経済政策遂行に支障を来す可能性があります。

ようやく通貨リラも落ち着いてき始めた2019年10月ですが、エルドアン氏が決断した軍事行動で、全てが水泡に帰す可能性さえ出てきています。

invstem.com

中央銀行は追加利下げすると考えられていましたが、その利下げ余地も消える恐れが出てきています。

シリアへの攻撃は、トルコ国内の政権への支持率をあげる可能性はありますが、投資家は「またか」という気分になるでしょう。

トルコリラは10月8日、ドルに対して1カ月ぶりの安値を付け、先週末比では2.4%%下落しています。

このまま輸入物価を押し上げる水準までリラが下がれば、金融緩和頼みの経済政策はまた迷走するでしょう。

アメリカの利下げのおかげで、トルコ中銀が利下げをしてもドルに対するリラの下落は防げるようになりました。

これもあって、アルバイラク財務相は強気の経済成長予想を披露できたのです。

しかし、今回の軍事行動で経済が圧迫されると、また暗黒でしょう。

トルコはそれでなくともファンダメンタルズが脆弱です。

エルドアン氏は国内の支持基盤が弱くなっているため、何とか点数稼ぎをしたいのかもしれません。しかし、そうした近視眼的な考えが、結局はトルコの人たちを苦しめるという事を忘れてはならないのです。

2019年9月

トルコ政府、インフレは落ち着き、来年から5%の成長を見込む

トルコ政府は、経済が今年のほぼゼロ成長から急加速し、インフレは鈍化するとの見通しを示しました。

2019年9月30日、アルバイラク財務相が記者向けのプレゼンテーションで語った所によると、

  • インフレ率が8月の15%から年末には12%に減速すると予想
  • 更に2020年末に8.5%、21年末には6%への低下を見込みます。
  • GDPは2019年が0.5%の伸びにとどまるものの、2020年からの3年間は5%の成長を続けるとの見通し
との事です。

政府が見込んでいる数値について、マーケット関係者は全く信用していないようです。

2019年7月

不良債権処理停滞

トルコの不良債権処理に向けた取り組みが進んでいないようです。

MEMO

トルコは経済の構造改革の一環として多額の債務を抱える建設、不動産、エネルギー会社に融資している金融機関を支援する計画を遂行中です。

ところが、銀行が当初案を拒否したり、棚上げにしたりしてこの3カ月ほとんど進展がみられていないとの事です。

不良債権はいわば経済活性化の足を引っ張るものなので、政府がしっかりとした支援をしなければならない所もあります。

年内に経済回復が行われるか長期停滞となるかは、政府がどれだけ迅速かつ確実に支援策を実施できるかどうかにかかっているかもしれません。

2019年4月

2019年4月10日、国営銀行に5500億円注入と発表

2019年4月10日、トルコのアルバイラク財務相は280億リラ(約5500億円)相当の国債を発行し、債券の形で国営銀行に資本注入すると発表しました。

2018年のトルコショック以降、不良債権比率が高まっている国営銀の財務を改善します。

トルコショック以降、政府は国営銀行などに低金利の融資などを促して国内景気を下支えしようとしてきましたが、景気は一向に良くならず、むしろ不良債権比率が4.2%まで高まり金融システム不安につながる懸念が出てきていました。一部には同国の実際の不良債権比率はもっと大きいとの指摘もあるようです。

そこで政府は金融セクターの強化を企図し、今回の措置に踏み切ります。ただ、国営銀行3行のうち、どの銀行を資本注入の対象とするかは明らかになっていません。

この発表を受けて、国営ハルク銀行株は一時、前日比4.4%上昇し、同ワクフラル銀行株は1.3%上昇しました。

因みに、トルコリラは小幅な値動きのままです。今回の資本注入がどこまでトルコ経済の立て直しに効果を発揮するのかが不透明である事の裏返しでしょう。

2018年9月

2018年9月 中期経済計画を発表 ファンダメンタルズ改善に意欲

アルバイラク財務大臣は、2018年9月20日、中期の経済計画を発表し、その中で新規のインフラ開発を事実上凍結する事を発表しました。

財政規律を重視し、金融市場の信頼回復を優先する狙いです。ただ、企業の破綻増で膨らむ銀行の不良債権への対応には踏み込まず、マーケットは失望してトルコリラが直後に下げています。

実質成長率の目標も下方修正し、2018年が3.8%、2019年は2.3%に引き下げました。また、消費者物価指数の上昇率目標は18年末で20.8%、19年末が15.9%、20年末は9.8%としました。

エルドアン大統領が経済発展の原動力としてきたメガ(巨大)インフラ事業については「国際的な資金調達を通じて実行する」と説明したものの、今の様に市場の信頼が失墜している状況下では、海外からの資金調達など不可能です。

自分たちで招いた事なのでしょうがないですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です