インドネシア・ジョコ政権の経済政策のまとめ2019

ここではインドネシアのジョコ大統領が掲げる経済政策とその遂行状況についてフォローしまとめていきたいと思います。

インドネシアはアセアンの中の大国ですが、構造的な問題も抱え一筋縄ではいかない国であることも確かです、ジョコ大統領の経済政策や財政政策を把握してインドネシア向け投資戦略の検討にお役立てください。

ジョコ大統領の主な選挙公約

invstem.com

ジョコ大統領の主な選挙公約は以下の様なものです。
  • 教育制度改革を通じた高度人材の育成
  • 情報通信技術の活用によるデジタル経済への対応
  • 海外からの投資を積極的に受け入れ、持続的発展が可能となる法整備

invstem.com

この内、一期目と二期目とで変わらないものとしては
  • インフラ整備、
  • 海外資本積極導入、
  • 物価の安定、
  • 汚職撲滅

といった所でしょうか。

一期目の最初は期待通り規制緩和や補助金削減などの改革を断行したものの、選挙が近づくと改革は鈍化どころか逆行している一面も出てきました。これについては下記で指摘します。

その他公表されている目標

以下がジョコ大統領が正式な公式な形でコメントしているものです。

経済規模(2030年まで) 世界10位
経済規模(2045年まで) 世界4位
2020年の経済成長率目標 5.6%⇒5.3%に変更
法人税の減税 2021年までに25%から20%に下げる
追記:2020年の経済成長

その後、2020年の経済成長率は5.3%想定に変わっています。

やはり、世界の景気減速懸念であおりを受けると考えているのでしょう。

政権発足時の課題(2019年)

以下の政策を推進して経済力アップとファンダメンタルズの改善が望まれます。

外資規制の緩和拡大

外資規制を積極的に導入する事によって国内産業のアップグレードを行っていく必要があります。

しかし、これについては以下でも触れている通り、ジョコ政権の保守化によってうまくいくかどうか懸念されています。

輸出産業の育成

より付加価値の高い産品を輸出する事によって経常赤字の縮減又は黒字化をしていく事が必要です。

これまでインドネシアは資源国として有名でしたが、結局そういった一次産品を輸出しているだけではいつまでたっても先進国に追いつくことは出来ません

今はITサービスなど第二次産業を飛ばして第三次産業が一気に広がりそうなところもありますが、いずれにせよ地に足の着いた稼げる産業を育てていく必要があります。

イスラム教徒の付き合い方

ジョコ大統領が今回副大統領候補に選んだマアルフ・アミン氏は同国のイスラム教指導者の最高団体「インドネシア・ウラマー評議会」の議長で、生粋のイスラム教徒であり、他のイスラム教徒への影響力も相当です。

世俗的な現実主義者としてジョコ大統領は一期目はやってきたわけですが、保守的なイスラム教徒の陣営と手を組んだことで、アグレッシブな開放政策や経済政策を展開しにくくなる可能性があります。

人気取りの政策と実際とのギャップの埋め合わせ

また、大統領選挙の人気取りの為に、近視眼的な政策に走ってしまったのも事実で、しっかりと軌道修正が出来るかもポイントです。

2019年10月

首都機能移転

インドネシア政府は、首都移転費用をねん出するために国有施設などの売却や賃貸の検討を始めたようです。

新首都建設費用は3兆円超と巨額で、資金確保を疑問視する声も出るなか自前の財源を手当てします。

元々どれ位国家予算を使える予定だったのでしょうか。

新首都建設にかかる466兆ルピア(3.5兆円)のうち国家予算で賄えるのは2割にすぎないと言われています。

そこで、新たな策として国有施設や国有地の売却や賃貸が浮上したと思われます。

ほかに国有企業の資金の活用やPFI(民間資金を活用した社会資本整備)も検討しているようです。

インドネシア政府によると、政府の保有資産価値は1100兆ルピアを超えるという事で、特にジャカルタ中心部の資産は価値が高いとされています。

今回の国有資産売却で、466兆ルピアの移転費用のうち、約3分の1にあたる150兆ルピアの捻出を目指します。

国民はどう思っているのでしょうか。

首都移転は国民の賛否が分かれているようです。

首都移転先が決まった8月の世論調査では39.8%が首都移転に反対で賛成の35.6%を上回っています。

やはり、巨額の費用をどう賄うのか不安に思う人が多いようです。

2019年8月

イスラム化が進行する経済

ジョコ大統領が今年4月の大統領選で、保守派のマアルフ・アミン氏を副大統領候補に選んだ事で、少しずつインドネシア経済のイスラム化が進んでいるようです。

invstem.com

アミン氏とはどんな人でしょうか??

アミン副大統領はイスラム団体のトップで聖職者でした。

イスラム金融の法整備やハラル認証の義務化を促進してきたという政治的実績もあります。

今後副大統領としてイスラム経済化を後押しする措置をさらに進めそうです。

イスラム化する経済のデータ

インドネシア国民がハラル認証の食品、観光、ファッション、化粧品に費やした額は2017年に2190億ドル超でしたが、これは2014年の1930億ドルからかなり拡大しました。

イスラム金融機関の資産は2019年6月までに486兆9000億ルピア(約3兆6000億円)に達し、過去9年間で300%以上増えました。ただ、これは全銀行資産の6%未満です。

インドネシアでは、ハラル認証食品や節度を守った衣服、イスラム法にのっとった旅行の需要が、特に急拡大していて、政府はGDPにこうした「シャリーア経済」が占める割合の把握に努めているようです。

首都移転先を決定、2024年から段階的に移転

2019年8月26日、政府は首都の移転先にボルネオ島東部の東カリマンタン州の2つの県を選んだと発表しました。

現在の首都ジャカルタから2024年の移転開始をめざす予定ですが、費用は466兆ルピア(約3.5兆円)と見込まれており、どうやって費用を確保するかなど課題は沢山ありそうです。

invstem.com

ジョコ大統領も二期目で、何か大きな花火を打ち上げたかったのでしょうか

invstem.com

もう少し詳細を教えて下さい

政府は2021年中までにマスタープランをまとめる予定で、2024年から段階的に移転を始める計画です。

移転完了は2045年。

移転するのは行政関連の機関・施設で、100万人規模の移住を想定しています。

中央銀行や金融庁などの経済関連機関はジャカルタに残る計画です。

invstem.com

今のジャカルタはそんなにひどい状況なんですか??
現在のジャカルタの状況

  • 面積は東京都の3分の1
  • ジャカルタだけで現在、約1千万人が居住
  • 周辺自治体もあわせた広域人口は3千万人を超えている
  • 過密した人口が原因で世界最悪レベルとされる交通渋滞と大気汚染が発生
  • 自然災害、特に洪水が多く、経済損失も年々大きくなっている

財政についてはどうですか??

政府が試算する移転費用は約3.5兆円です。

しかし、その移転費用のうち国家予算からの支出は2割弱にとどまる見込みです。

残りは官民パートナーシップ方式や国営企業、民間からの直接投資で賄う予定との事ですが、正直めどはたっていないと思われます。

100万人を移住させる計画には住宅、学校などの生活インフラの新設も必要となりますが、これらの殆どが民間頼みとなる予定です。

民間企業としては、どこまで本気でやるかかなり困惑するでしょう。

ジョコ氏の任期は2024年で終わるので、それ以降誰が強力なドライバーになるかも分かりません。

むしろ、首都移転をジョコ大統領のアンチテーゼとして、次期大統領候補がアピールしたりすると、この計画自体が危ぶまれる事になります。

ジョコ大統領、首都移転を正式に提案

2019年8月16日、ジョコ大統領はジャワ島にある首都ジャカルタをカリマンタン島に移転することを正式に提案しました。

invstem.com

議会での所信表明演説で言及しました。

首都があるジャワ島の人口が急増し、過密状態となっていることから、ジャワ島以外に首都を移転しようというものです。

ただ、現時点でカリマンタン島のどこにするのか、具体的な移転先は明らかにされていません。

ジョコ大統領、2020年の成長率目標変わらず、7年ぶりの高水準を目指す

2019年8月16日、ジョコ大統領は演説で2020年の経済成長率を5.3%と想定していることを明らかにしました。

2019年度(1~12月)当初予算案から目標を据え置いています。

首都移転やインフラ建設の推進でもっと強気に行きたかったのかもしれませんが、世界景気の減速懸念が出るなか、据え置いたのでしょうか。

invstem.com

ただ、上記水準は達成すれば2013年以来7年ぶりの高成長を見込んでいることになります。

invstem.com

因みに、19年の成長率予想は5.2%です。

2019年7月

国営企業改革の試金石、クラカタウの改革

国営製鉄のクラカタウ・スチールが大規模なリストラに乗り出すようです。

クラカタウとは
  • クラカタウはインドネシア証券取引所に上場する国営企業
  • 政府が80%の株式を保有
  • 2018年12月期の売上高は24兆ルピア(約1900億円)で最終損益は1兆ルピアの赤字(最終赤字は7年連続)
  • 2013年、韓国ポスコとの合弁で東南アジア初の高炉を開設
  • 無理な高炉建設など過剰な投資で債務が拡大
  • 直近では中国などの鋼材が流入して競争力を失い、業績が悪化

赤字が続く中、上記の様に投資を続けてしまった背景には、国営企業として政権の意向を汲まなければならなかったという事情があるようです。

invstem.com

国家プロジェクトとして工業化を進める中、1000万トンの鉄鋼製品の生産を目指していて、クラカタウも生産能力を拡大せざるを得なかったようです。

今回のリストラでは、

製鉄以外の子会社の売却や整理を進め、本社の従業員数を約3割減らす予定です。

特に不動産やホテル、医療など非中核企業を売却し、傘下のエンジニアリング会社は独立させます。

こうした一連の資産売却で1000億円程度を手にすると共に2800億円近い有利子負債の圧縮を進める予定です。

リストラで身軽になって競争力を高められるかが注目ポイントで、その成否が今後のジョコ政権の経済政策に大きな影響を与える可能性があります。

遅れる国営企業改革、どこまで改革進められるか

インドネシアで国営企業の改革が遅れているようです。

ジョコ政権は国営企業を業種ごとに複数の持ち株会社にまとめて効率化し、競争力強化を狙いますが、なかなかうまく進みません。

invstem.com

まずは数値を見ていきましょう
インドネシアの国営企業のデータ

  1. 国営企業数は115
  2. 17社がインドネシア証券取引所に上場
  3. 2018年12月期の国営企業全体の売上高は約2400兆ルピアで、日本の大手商社に匹敵
  4. 2018年12月期の国営企業全体の純利益は1%増。民間は15%増などとなっており、国営企業の非効率性は明白

国は各企業の経営に干渉しないという建前になっているようですが、人事などを通じて経営に大きな影響力を持っています。また、経済合理性よりも政権の政策が優先されがちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です