中国債券市場の動向まとめ

ここでは中国の債券市場に関するトピックを拾っていきたいと思います。

2021年1月

政府、企業破綻を容認

中国は新型コロナウイルスのパンデミックを機に自国の産業力強化を図るべく、財務改善できなければ退場せよと国内企業に迫っています。

これまで非効率な企業の生き残りを許してきた中国政府ですが、今は破綻を容認しています。

国による暗黙の保証があると以前見なされてきた有名企業を含め債券デフォルトは2020年に過去最大の300億ドルに達しました。

信用格付け会社に対する厳しい調査と処分も増え、本土取引所内の主力市場では昨年、少なくとも16銘柄が上場廃止となっています。

これは1999年以来の多さです。

この傾向は2021年も続くと思われます。

景気回復と人民元の強さが、政策当局に金融システム内の債務削減を重視する余力を大きくしているのです。

2020年10月

WGBIへの組み入れ後の展望

2021年10月から中国国債が世界国債インデックス(WGBI)に採用される事で、今後はどういったの展開になるでしょうか。

中国人民銀行によれば、2020年8月時点で、外国人投資家は1.6兆人民元、発行残高の約9%の中国国債を保有しているという事です。

市場開放が進むにつれ、他の先進国の国債よりも魅力的な高利回りから、より多くの外国投資家が中国債券の市場に参加すると思われます。

そういった外国人投資家は国債市場で一定期間中国市場の様子を見て、その先、政策金融債や社債にも触手を伸ばしてくることが期待されます。

2020年9月

FTSEラッセルが中国国債を組み入れ

2020年9月24日、指数算出会社FTSEラッセルは代表的な国債の指数に中国国債を組み入れると発表しました。

香港経由で中国の債券を取引する仕組みなど、市場整備が進んだ点を評価しました。

算入は2021年10月から段階的に進められ、10兆円規模の資金が中国に流入する見込みです。

指数は「FTSE世界国債インデックス(WGBI)」と呼ばれ、世界の年金基金など幅広い機関投資家が利用しています。

同指数に連動する運用資金は2兆ドル(210兆円)から2兆5千億ドルに達するとの見方が多いようです。

2020年3月

金融緩和でも中国国債の利回りは引き続き魅力的

金融緩和策により、中国10年国債利回りは低下したものの、依然として2%以上あり、他の国債よりも利回りは魅力的になっています。

新型コロナウイルスの感染拡大が確認された1月下旬以降、人民元は対円、対米ドルで下落しました。しかし、3月以降の世界的なリスクオフ局面では、人民元は対円で下落したものの、対米ドルでは7人民元近辺で安定的に推移しています。

リスクオフの局面で、中国当局による自国通貨の管理が適切に行われている可能性が考えられます。

人民元は、米中通商協議における「第一段階」の合意や、中国国内での新型コロナウイルスの感染者の増加一服により、対米ドルでは、安定的な推移が見込まれます。

また、対円でも世界的な政策協調により、徐々にリスク回避の動きが和らぎ、下値を切り上げる展開が想定されます。

中国国債のリスクオフ局面で選好されやすい特性や、利回り水準を踏まえると、中国国債は海外の投資家にとって、魅力的な投資先に映ると考えられ、投資資金の流入が期待されます。

2019年5月

中国企業の外貨建て起債が増加

中国企業が外貨建て社債を積極的に発行しています。

インターネット大手のテンセントは2019年4月に60億ドル分を、不動産大手の中国恒大集団は4月の1週間で2回の起債を実行し、計30億ドルを調達しています。

因みに、上記中国恒大集団が4月に発行した5年物の利率は年10.5%だったそうです。

金利の先高観が後退し、低格付け企業も起債しやすい環境と中国政府のデレバレッジ政策の後退が背景にありそうです。

しかし、外貨建て債務が過度に膨らめば、企業は自国通貨の急落局面で打撃を受けやすくなるので、市場リスクに注意していく必要があります。

中国債券への投資

これまでは、中国オンショア債券が主要なグローバル債券インデックスのどこにも採用されていなかったため、グローバル債券ポートフォリオが中国オンショア債券に投資をしないことは容易でした。

しかし、2019年4月からは、2.5兆米ドルの運用資産が参照していると推定される、ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合インデックスへの中国オンショア債券の採用が始まる予定です。

これで中国オンショア債券は、機関投資家にとって中国債券が投資しなければならないデフォルト資産となるわけです。

中国人民元建ての債券は、2020年11月の採用期間終了時にはBGAの6.1%を占めると予想されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です