マーケットの急落・急騰についてのまとめ

このブログは、

  1. 相場に左右されずに
  2. 気長に忍耐強く

新興国投資をする人たちのための情報提供ブログです。

特に、

  1. これから新興国へ投資をしたい人で基本的な情報を網羅的に学びたい人、
  2. 既に投資をしているが大きな含み損を抱えていて一旦冷静に状況を再確認したい方

を想定しています。

筆者はバリュー平均法なる方法で新興国に投資をしている個人投資家です。既にそうした方法で投資をして10年くらいです。

ずっと投資し続けています。

ここでは、直接新興国とは関係ない場合も含めて、マーケットが急落したり急騰した時について書きためていきます。

中長期投資においては、細かいタイミング等はそこまで気にする必要はありません。しかし、それでもマーケットが大きく動いたときにどう動くかでリターンも変わってくることは確かです。

この記事を通じて、マーケットが大きく動いたとき何が起こったかを把握する事で、次同じような事が起きた時にどう動くべきかの一つの参考にして頂ければ幸いです。

ブログトップに戻る

これまでの経緯を網羅的に確認されたい場合は以下をご参考ください。

kindle unlimitedで無料ご覧いただけます。

暴落・急騰に関する過去の主なイベント(2018年以降)

2018年は金融市場の急騰・急落の記録ラッシュ

2018年のアメリカの株式市場は記録ずくめでした。

ダウ工業株30種平均は10月3日に史上最高値を更新した後、下げ基調に転換し、12月単月では9%安となって、米金融危機による景気後退期に入っていた09年2月以来、約9年10カ月ぶりの下落率となりました。

マーケットが乱れたときは、儲けるチャンスです。

過去の動きをしっかりと研究すると、同じようなことが起こった時に自分がどう動くべきかの羅針盤となるでしょう。

【2018年のS&P500の動き】(出所:TradingView)

BREXITを巡る動きと金融・為替

イギリスがEUを離脱する・しないという政治的な思惑が交錯する中で、ポンドは大きく揺れ動きました。

政治が絡むとどうしても先を読みにくくなるわけですが、過去の事例を参考にすることで、新しい政治的な事象もすこしは読みやすくなるはずです。

【2018年以降のドルーポンドの動き(出所:TradingView)】

BREXITに関する詳細を振り返りたい場合は以下もご参考下さい。Kindle Unlimitedで無料でお読みいただけます。

米中貿易摩擦・米中対立の金融市場への衝撃

米中貿易対立は2018年3月頃から本格化しました。

これによって影響を受けたのは主に中国株でしたが、中国は世界全体における一大工業品生産地ですし、また消費地でもあるので、世界株全体のリスクとなりました。

政治的な思惑が交錯する交渉の中で、マーケットは一喜一憂し大きく上下することもしばしばだったのです。

こういった時は下手に動いて上下する波の中で一儲けするというよりは、いちいち政治的なものに投資判断を左右されず、中長期的な目線で銘柄と付き合っていくのが結果的には良いパフォーマンスをもたらします。

米中摩擦の問題は潜在的にくすぶり続け、実施に激しいやり取りがなされるようになったのはアメリカのトランプ政権時代に出てきてからです。

ただ、この高関税をかけあうとか、そういった応酬はトランプ政権が終了した後も続きます。規制の対象となった中国のハイテク系の株式は軒並み下落しました。

【ハイテク系のアメリカ上場中国企業のインデックス(出所:TradingView)】

米中貿易摩擦の経緯は↓から。kindle unlimitedで無料でお読みいただけます

新型コロナウイルスの金融市場への衝撃

2020年1月ごろからじわじわときたものでしたが、一番激しい動きを見せたのは3月~4月にかけてでした。

最初は中国で騒ぎとなった新型コロナウイルスの蔓延でしたが、最初出てきたときはそれがどういう影響を与えるのか世界はすぐに理解できず、徐々に理解され始めたのが2月下旬ごろだったのです。

ここから大きな下落が始まります。

【2020年におけるS&P500指数の推移(出所:TradingView)】

世界的な流行は2020年3月ごろからですが、少し時を置いた2022年においては中国がゼロコロナ政策をとり始め、その結果中国アセットは大きくら下落しました。

一方で、中国株式市場は欧米の市場と比べると幾分か受けたダメージは限定的でした。

【2020年におけるCSI300指数の推移(出所:TradingView)】

コロナウイルスによる金融マーケットへの影響を時系列で読みたい方は↓。kindle unlimitedで無料でお読みいただけます。

新型コロナウイルス後のアメリカの金融引き締め

新型コロナウイルスへの対策として未曽有の金融緩和を世界的に行いました。

これによって世界の株式市場をはじめとした金融マーケットは、一時的な下落こそあったものの、その後勢いよく回復し、国によっては史上最高値を更新といった所も沢山出てきました。

その揺り戻しの懸念から金融マーケットが大きく崩れます。

FOMCは高まるインフレへの警戒から、2022年3月から利上げを開始しました。

ここから基本的に下げ基調が始まります。特に5月上旬に行われたFOMCで二回目の利上げを0.5%としてから、更にマーケットは大きく崩れました。

それだけではもちろん収まらず、アメリカの高いインフレ率がなかなか収まらず、どこまでFOMCが利上げをするのかを金融マーケットが疑心暗鬼しながら予想するといった、不安定な状況が続くのです。

ただ、逆説的には、こういった不安定な時こそ仕込み時でもあります。

ウクライナ危機

ウクライナ危機はそれと同時に起こり始めていた世界的な金融引き締めタイミングと重なり合う事で、より大きなインパクトをもたらしたと言っていいでしょう。

執筆中

2022年9月

CPI、鈍化も予想を上回る水準で株価は急落

9月13日発表した8月のCPIは前年同月比8.3%上昇しました。

ガソリン価格の上昇が一服し伸び率は2カ月連続で縮みましたが、市場の予想を上回りました。

【過去5年のアメリカCPIの推移(出所:TradingView)】

©Trading View

エネルギーと食品を除く指数の上昇率は6.3%で、前月から拡大したほか、賃上げの広がりを受けてサービス価格が上がっているようです。

今回の結果を受けて、今月20-21日のFOMCで3会合連続となる0.75ポイントの利上げを決めることは確実になったとみられます。

この結果を受けて9月13日の米株式市場でハイテク株が売り込まれました。

ナスダック100指数は5.5%下落し、2020年3月以来の大幅安となり、指数構成銘柄全てが値下がりしました。

【年初来から2022年9月13日までのナスダック100指数の推移(出所:TradingView)】

©Trading View

ナスダック100指数が今年、4%以上の下げを記録したのはこれで7回目。ビスポーク・インベストメント・グループの調査リポートによると、それらのほとんどが5月と6月に起き、指数が年初来安値に向かっていた時でした。

もちろん、S&P500指数も大きく下げています。

【年初来から2022年9月13日までのS&P500指数の推移(出所:TradingView)】

©Trading View

2022年8月

原油、需要懸念で6ドル安

 2022年8月30日、原油先物は約6ドル下落し、約1カ月ぶりの大幅な下げとなりました。

各国中銀による利上げを背景に燃料需要が軟化するとの懸念のほか、イランの騒乱後もイランの原油輸出が減少していないことを受けました。

清算値は、北海ブレント先物10月限は5.78ドル(5.5%)安の1バレル=99.31ドル。一時97.55ドルまで下げました。

【2022年8月30日前後のWTIの推移(出所:TradingView)】

パウエル議長、利上げ続ける必要と発言し、株価は急落

FRBのパウエル議長は、インフレを根絶するために利上げを継続し、金利を高い水準でしばらく維持する可能性が高いことを示唆しました。

当局が近く方針を転換するとの見方をけん制しました。

パウエル議長の発言のポイントは、

  1. 金利上昇、成長率鈍化、労働市場の軟化はインフレ率を低下させるが、家計や企業にも痛みをもたらすとし、景気のソフトランディングシナリオを期待していた株式市場に冷や水を浴びせたこと
  2. 単一/単月の経済指標で一喜一憂するマーケットをけん制したこと
  3. 70年代の金融政策の失敗を引き合いに出し、引き締め的な金融政策を長期間を行うことの必要性を強調したこと

です。

今回の講演は引き締めに前向きな「タカ派」ぶりを全面に出す演出に専念し、引き締めに慎重な「ハト派」と解釈されそうな文言を意識的に排除して、異例の短時間のメッセージに絞り、マーケットとFRBの差を埋めようとしたものと思われます。

これを受けて、マーケットは大荒れとなりました。

26日のダウ工業株30種平均は前日比1008ドル(3%)安の3万2283ドルで終えており、5月18日(1164ドル安)以来の下げ幅となりました。

NYダウのみならず、S&P500種指数とハイテク株を中心とするナスダック総合指数の同下落率はそれぞれ3.4%、3.9%と、ともに6月中旬以来、およそ2ヵ月半ぶりの大きさでした。

ハイテク株の長期強気派を含むポートフォリオマネジャーらも、金利敏感なハイテク株のさらなる下落リスクを見込んでいるようです。

【直近1か月のダウ30種平均の推移(出所:TradingView)】

©Trading View

一方、米国債市場では講演内容はほぼ織り込み済みだったとみられ、10年国債利回りは3.04%台と、前日比の上昇幅は0.015ポイントにとどまりました。

原油が2月以来の安値

8月15日、WTI原油先物相場が前週末に比べて一時5%以上安い1バレル86ドル台となり、2月上旬以来の低水準となりました。

中国人民銀行が金融調節の金利を引き下げたことなどで景気の先行き不安が高まった事が背景です。

米国の景気指標も悪化したことで原油需要に不透明感が漂っています。

【8月15日前後のWTIの推移(出所:TradingView)】

©Trading View

暗号資産が急落

ビットコインをはじめとする暗号資産が8月19日の取引で大きく下落しました。

金融政策の方向を巡り不確実性が高まっていることが背景とみられます。

ビットコインは一時8.3%値下がりし、7月後半以来の安値を付けました。

【8月19日前後のビットコインの推移(出所:TradingView)】

©Trading View

2022年7月以前

2019年7月以前のマーケットの急落・急騰については以下の書籍でご覧ください。

kindle unlimitedで無料でお読みいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です